【水中ウォーキング】はダイエット向き|その「消費カロリー」は驚き‼︎

  • 水中ウォーキングはどれぐらいの消費カロリーがあるのだろう?
  • どのぐらいの時間を運動すればいいのだろう?
  • 体を引き締めるにはどんな動きをすればいいの?

 

あきと
こんにちは。あきと
@hitujidiet)です。

 

今回は、こんな疑問にお答えします。

 

ダイエットするなら、少しでも早く成果が出て欲しいですし、同じ運動するならできるだけ、効果的な運動をしたいですよね。

 

少しでも運動効果を高めたいなら、水中ウォーキングがおすすめ。

 

水中ウォーキングはほどほどの速さで60分の運動すると「250〜300kcal」とダイエット向き。

 

ということで、ダイエット経験者の私が、しっかりとカロリー消費し身体を引き締めてくれる、水中ウォーキングの効果と、やり方について解説していきます。

 

水中ウォーキングは、運動の中では比較的スローな運動なのに、しっかりと身体を引き締めてくれるので、早くダイエットの成果が欲しい方はり入れるべき運動です。

 

それなら、水中ウォーキングをやってみようかなと思っている方が、実践できるように分かりやすく解説していきますので、ぜひ、最後まで、読んでください。

 

それでは、解説に入ります。

 

▶︎人気記事:ダイエットにウォーキングは効果的?やり方を徹底解説

 

水中ウォーキングの「消費カロリー」

水中ウォーキングの消費カロリー

 

体重60kgの人が60分の水中ウォーキングをした場合。

 

消費カロリー
ゆっくり(楽な動き) 160kcal
ほどほど 280kcal
早く(キツイ 430kcal
水中エアロ 350kcal

 

 

あけみ
すごいーーー。

 

あきと
同じ人が地上を1時間ウォーキングした時の、消費カロリーが約180kcalだからね。
あけみ
よし、ヤルぞ。

 

▶︎関連記事:【水中ウォーキング】ダイエットで「効果的に体を引き締める」7つ方法

▶︎関連記事:水中ウォーキンはダイエット向き|その「消費カロリー」は驚き‼︎

 

なぜ、消費カロリーが多い

 

水中ウォーキングの消費カロリーが多いのは、地上で行うウォーキングと同じく有酸素運動であることに加えて次の要素もあります。

 

  • 水の抵抗
  • 水温が体温より低いので、体温を保とうと熱を発生させる(脂肪燃焼)

 

あけみ
確かに水の中は動きにくいよね。

 

どれぐらいの時間を水中ウォーキングすればいい?

 

ダイエットで脂肪を燃焼することが、目的になるので20分以上の連続した運動にしましょう。

 

やりはじめの数回は20〜30分で様子をみて、慣れてきたら40〜50分の運動をしていくようにしましょう。

 

室内の温水プールであっても、長時間、水に入っていると、体温が下がることがあるので、ジャグジーに入りながら無理をしないように行いましょう。

また、消費カロリーが大きい分、疲労感も大きので、一度にたくさん運動をするのではなく徐々に慣らしていきましょう。

▶︎関連記事:【ダイエットウォーキング】「食前食後」どっちが減量できる?

 

水中ウォーキングのメリット、デメリット

 

●メリット

  • 消費カロリーが多い
  • 全身運動
  • 膝、股関節に負担がかからない
  • 新しい動きを覚えなくてもできる
  • 自分のペースでできる
  • 天候に左右されない

 

●デメリット

  • プールまで行かないといけない
  • 着替えないといけない
  • 塩素が気になる

 

あけみ
水着にならないといけないのか。
あきと

ゴーグルすると意外に、人目は気にならないよ。

泳ぎと水中ウォーキングを交互にする人も多く、ゴーグルして歩いている人も多いよ。

 

あけみ
へえ〜。
あきと
今は、マスクもしているから、お化粧の手間も無しでいけるね。

 

水中ウォーキングはダイエット向き|その「消費カロリー」は驚き(まとめ)

 

今回は、水中ウォーキングはダイエット向き|その「消費カロリー」は驚きについて解説しました。

 

あきと
本記事の要約だよ。

●水中ウォーキングの消費カロリー

  • ゆっくり(楽な動き):160kcal
  • ほどほど:280kcal
  • 早く(キツイ):430kcal
  • 水中エアロ:350kcal

●なぜ、消費カロリーが多い?

  • 水の抵抗
  • 水温が体温より低いので、体温を保とうと熱を発生させる(脂肪燃焼)

●どれぐらいの時間を水中ウォーキングすればいい?

  • やりはじめの数回は20〜30分で様子を見る
  • 慣れてきたら40〜50分の運動

●水中ウォーキングのメリット

  • 消費カロリーが多い
  • 全身運動
  • 膝、股関節に負担がかからない
  • 新しい動きを覚えなくてもできる
  • 自分のペースでできる
  • 天候に左右されない

●水中ウォーキングのデメリット

  • プールまで行かないといけない
  • 着替えないといけない
  • 塩素が気になる

 

プールまで行かないといけない、着替えないといけないと、少々、面倒だけど、脂肪燃焼効果は抜群なので、ダイエット効果を出したい人は取り入れるべき運動です。

 

あきと
上手に地上ウォーキングと組み合わせれば、3ヶ月後にはしっかりと成果が出るね。

 

 

ホップ・ステップ・ダイエット

3ヶ月で5kg痩せる「ダイエットの始め方」ロードマップについて知りたい方はいますか?本記事では、痩せる習慣やダイエットで…

 

オンラインフィットネスランキング

オンラインフィットネスの失敗しない選び方のポイントは、レッスン形式、運動音痴なので、いろいろアドバイスが欲しい、ポーズや…